2015年5月4日月曜日

Photonでルーム内の人数を数える際について

それぞれのルーム内の人数を数えるのはかなり重要な要素だと思います。
落とし穴というほどではないのですが、ドキュメントをよく読まないと気づかない恐れのある項目が一つあったのでメモ
PhotonNetworkクラスにはもとから人数を取得できるプロパティが用意されています。

PhotonNetwork.countOfPlayersInRooms

で整数型のルーム内人数を取得できます。
しかし、このプロパティについてドキュメントを見てみると、

Count of users currently playing your app in some room (sent every 5sec by Master Server).

と書いてあり、5秒間に一度しか更新されていないことがわかります。
つまりこの値を参考にすると、非常に精度の悪い人数計算になってしまうわけです。

解決策というか、正しくカウントする方法の一つとして以下があります。

Roomクラスにある、

Room.playerCount

を利用することで現在入っているルーム内の人数を取得できます。

なお、Roomクラスインスタンスは生成時にstringのルーム名などが必要になります。
いちいち設定するのはメンドクサイと思うので、PhotonNetworkクラスのプロパティを使うことが出来ます。

例として以下のようになります。
public class ClassName : Photon.MonoBehaviour{
    Room room;
    int playerCount;

    void Start(){
        room = PhotonNetwork.room;
        playerCount = room.playerCount;
    }
}

2015年4月29日水曜日

Kindleの同期できなくて辛かった

iPhone変えた時、iCloudの設定引き継いでも別端末として認識されるらしい。
だから新規ログインしたところクラウドに書籍が無いといわれ、何も表示されずダウンロードも出来ない。
おかしい~。

Amazon Kindleの端末管理見に行ったらiPad二台iPhone二台Android一台が登録されていた。
Amazon Kindleは書籍ダウンロードが6台までの制限があるけど、端末登録数は関係ないはず。
う~ん。

結論いうと、Amazon Kindle側のiPhoneの登録全部消して、iPhone側でログインしなおしたら再度同期端末として登録されて上手くいった。

僕がおかしかったのか仕様がおかしかったのかわかりません。

2015年3月22日日曜日

HOW TO EAT MRE

超低学歴チンパンジー海兵隊員でも食べられるMREですが、日本人被験者であるタイ人とレモコラの食べ方があまりにも酷かったので書きます。
かなり適当に書き殴ったのでMREを手に入れた時に見るぐらいでどうぞ。

2015年3月20日金曜日

BF:H実績なんかめんどかったの

個人的にめんどかったやつの個人的な解説

ハリウッドの謎:エピソード7の実績でロークの隠し部屋を見つけるというもの。
          下の写真の場所を調べればいいのだが盗聴器を仕掛け、敵が湧いた後でないと
          調べて開けることができない。ここ見つけるのにめっちゃ時間かかったウンコ。


スーパーアクションスター:エピソード9の実績でチェックポイントからやり直しが出来ないので、
                 めっちゃ面倒だと思ってたけど次のチェックポイントに着く前にメニュー
                 に戻り再開すると脱出シーンから再開できる。

ムービースキップさせてクレメンス…

人気の投稿